スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今更デスガ・・・《M's》インタビュー
杰倫の台湾サイン会の時に、買って帰った《M's》




この号は杰倫がしまっている大事な宝物についての話で構成されてます^^

現地でパラパラと見ていても面白いインタビューだなぁって思っていたんだけど
なかなかUPする余裕がなくて・・・すごーく今更な感じではありますが、ご紹介^^

時間の都合で、その中から気になった部分だけの抜粋みたいになっちゃいますが
ご了承くださいー。
あ、意訳だったり適当にまとめていたりしますので・・・。



●録音テープ、録画ビデオ
両親が離婚し、父の家を離れる時に彼はたくさんのものをそこへ残してきた。
例えば、小さい頃に彼が書いた水彩画。
杰倫は笑って
「僕は実はママの美術の才能を受け継がなかったんだ。でもママは僕の子供の頃に書いた絵を
 ずっと保存してた。引っ越すことになってパパがそれらをどこへしまったかわからなくて
 捨ててしまって、ママは凄く怒ってた」

でも絵は捨てられてしまったけれど、パパは杰倫が子供の頃の“表演”をとったビデオやテープをきちんと保存してた。
子供の頃の杰倫はやんちゃだったけど、外に出るとおとなしくてイイコに見えた。
家に帰ると高凌風の物まねをしたりしてた。
「僕は元々、物を保存するのはあまり得意じゃなくて、幸運なことにパパやママがそれらを
 残しておいてくれている。今度もし何かのMVに使ったとしたら、とっても面白いと思うよ」




●制服のジャケット(外套)
杰倫のもう1つの珍しいもの。これは杰倫の高校時代の初恋の記憶。
少し笑いながら杰倫は言った。
「高中時代、僕が残してきたものはとても少なくて、大部分は友達がくれたカード類。
 でも僕の印象の中には当時の彼女と交換したようなものがある。とってもDiaoだと思うよ。
 あの時、淡江中学のジャケットは外側はそっくり同じだったけど、
 内側は女性はピンク色で男性は藍色だったんだ。
 それで当時彼女と約束して、卒業式の時にジャケットを取り替えたんだ。
 卒業の日は、僕は女性のジャケットを着て、ピッタリでちょっと肩がきつかったけど
 誰も気づいてなくて僕は得意気に友達に見せたんだ。
 『ねぇ、見て見て!』ってジャケットを翻してみせたんだ。



↑なんていうか、《秘密》の恋愛が甘い理由が良くわかるなぁ。。笑。
  絶対に杰倫、あまーい恋愛が好きな気がする。台湾の男の子だなぁ・・・。



●アンティークなピアノ
杰倫はアンティークなものを集めるのが大好き。
「僕の収蔵品で一番Diaoなものは1台200万台湾ドルの古いピアノだよ
 《言えない秘密》ではこのピアノを使って直接撮るつもりだったんだけど、
 ママが絶対にそんなことしてはだめよ、と止めたんだ。
 だからこのピアノと外観がそっくりのレプリカを作ったんだ。
 コレを買った時、フランスのノミの市(?)で見かけたんだ。
 見てすぐに気に入った。一目ぼれだよ。
 オーナーはこのピアノは100年以上前のもので、音は少し狂っていて少し半keyになっている。
 でも当時ある古城の爵士が生活に困って、売りに出したものだ。爵士の名前は言えない、と。
 僕はたくさんのピアニストがコレを弾いたことがあると思って、買ってはるばる運んで帰ったんだ。
 台湾に戻って、素晴らしいピアノの先生を呼んで修理に来てもらったんだ。
 彼にこんなことを言われるとは思いもしなかった。
 彼が言うには『このピアノは私には修理できない。各地に行っているけれど、
 日本の博物館で見たことがあるくらいだ。とっても古くて高貴なピアノで修理するのは難しい』
 
 思わず心の中で耐え切れず笑っちゃったよ。
 ピアノを売っていたオーナーに騙された! ピアノ修理の先生は騙さない。
 買って来てから今までずっと壊れていて写真を撮るしか出来ない、弾けないんだ。
 でも外観や木の材質もアンティークな感じがあるんだ。
 コレを日本の《開運鑑定団》に持っていって鑑定したいよ、一体どれだけスゴイピアノなのかな。」






他には車の話とか載ってるんですけど、ここまで・・・
今年もイロイロとお付き合いくださってありがとうございました。

今年ラストの杰倫記事ですが、楽しんでいただければ幸いです^^




おまけ・・・

ママの才能を受け継がなかったという杰倫さんのイラストw



これていつ頃書いたやつだったかな・・・
スポンサーサイト
[2008/12/31 14:42 ] | 周杰倫-留言&專訪 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ゆくとしくるとし~ | ホーム | 一足早いけれど・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。