スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
《言えない秘密》 ルンメイちゃん中心の感想
《言えない秘密》の沢山ある台詞の中で、お気に入りの1つ :  「不行!」

・・・なんですけど、どこか(どこの「不行!」か)、わかる方、いますよね?^^;


あの言い回しが可愛くって、思わず萌え萌え・ニマニマしてしまう今日この頃です。爆。

これって、マニアックなんでしょうか???
・・・・・・誰か同じところでハマッってる人いません?^^;;





ところで、台湾公開から、今の日本公開まで、色々とこの映画について書いてきたけど
ふと、ルンメイちゃんメインで語ったことってあまり無かったなぁーって思ったので、
ルンメイちゃん演じる小雨(シャオユー)について、感想かいてみようかなぁ。。

ちなみに、台湾公開時のものは原題の“不能説的・秘密”等で検索すると出てくる・・・かな^^;;
いつか時間を見つけて、各映画でカテゴリー分けやり直さないと。。。



●○●


ルンメイちゃん演じる小雨(シャオユー)

ルンメイちゃんが、いかに、細かくて丁寧な演技をしているのかということは、
この映画を、初めて見たときにはわかりにくいかもしれない。

去年、台北で2回目に見た時、つまり“秘密”が何だったのか、がわかった状態で見た時に、
ストーリーの組み方の凄さにもゾクゾクしたけれど、
同時に、ルンメイちゃんの演技の丁寧さ(というのかな?)に改めて敬服。。。



1回目には、普通にさらっと見ていたシャオユーの表情の1つ1つが、2回目に見た時に
絡まった糸が解けるように、するするっときれいに繋がっていくんです。
気づいていなかっただけで、本当は、きちんと表情がその時々の感情を語っていたんだって。


本当にその時に見せている、細かい表情の1つ1つに意味がある。
その場だけで演じているのじゃなく、小雨という子を理解してないと出来ない表情の数々。

使ってみたい女優さんNO.1といわれることにも大きく頷けます。
本当に素敵な女優さん。。。




以下、ネタバレ含むので続き&白抜きです。
(まぁ、内容なんて見た方は同じようなことを感じているでしょうし、書くまでも無いことですけど)



小雨(シャオユー)が、初めて、湘倫(シャンルン)と会った時、初めに見せる表情は
この世界に来て、初めて見る男の子に、少し緊張したような面持ち。
でも普通に会話をしたことで、表情が少しほぐれて安心したような笑顔になる。


教室にたどり着いて、目を開けた瞬間の期待した表情
でも見えたのが、湘倫ではなく晴衣(チンイー)だった時の、少し湘倫を探した後の
がっかりしたような諦めたようなため息にも見える表情。


屋上で、「秘密を教える」と言った後に、自分を見る湘倫の表情を見て、
やっぱり本当のことを言う勇気が出なくて、止めたんだって事が伝わる。

“Secret”を聞かせてあげるといって弾き始める時の表情。


誰からも本当のことだと信じてもらえず、どんどん追い詰められていく小雨。
やつれた雰囲気もさることながら、先生と一緒に写真に写った小雨が
誰のことも信じられなくなっていることが痛々しく、伝わってくる。


自分に贈るという約束どおりにピアノを弾いていた湘倫に、小雨は居場所を見出せたんだと思う。
この時には、自分が他の人からは見えない存在だったとしても、過去へ戻らず
湘倫と一緒に過ごしていくことを決めていたんじゃないかなぁ、と思えた。

でも、小雨にとって唯一の救いだと思えた湘倫がしていたブレスに、
決定的に、湘倫の所にもどこにも自分の居場所がないと思ってしまったんだろうな、、






この小雨の心の動き、初めて見た時にも伝わるものがあるけれど、
2回目以降に見る方がますます臨場感を持って伝わってくるって思う。



この小雨の感情がひしひしと伝わってきて、気づけば小雨に自分の感情も引き寄せられている。
まるで本当にそこに彼女が存在しているかのように。

そんな風にルンメイちゃんが演じてくれたからこそ、この《言えない秘密》は
ますます深い色彩を帯びているんだろうなぁ、と私は思います。


他にも、素敵な女優さんはいっぱいいて、
実際には同じように演じられる人もいるだろうなって思うけど、
ルンメイちゃんが演じる小雨と、他の人が演じる小雨ではやっぱり“色”は違ってくると思う。
この映画のこの小雨は、ルンメイちゃんだけにしかできない小雨。

彼女がこの映画へのオファーをOKしてくれて本当に良かったと思います。
ありがとう、ルンメイちゃん。。

スポンサーサイト
[2008/09/15 23:23 ] | 周杰倫-電影 | コメント(12) | トラックバック(0)
<<新曲首播は、22日!? | ホーム | 台湾映画 《DNAがアイ・ラブ・ユー》>>
コメント
ずばり!おっしゃるとおりですね!
ルンメイちゃんなしにこの映画はなりたちませんね。
あの表情のすべてに納得です。
それを引き出したジェイ導演に脱帽です。
[2008/09/16 08:36]| URL | kitchen #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/09/16 19:24]| | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/09/17 03:14]| | # [ 編集 ]
関西でもやっとこさ公開ですー!
さっそく出かけてみてきたので、白抜き部をようやく読むことが叶いました。
ワタシの場合、miyakoさんと逆で、はじめて観た時の小雨のキモチがズン。って胸に先にきて、だんだんと杰倫が伝えたかったことがわかってきた(ような)気がします。
杰倫がブッ飛ぶくらいの存在感、ルンメイちゃんにはありましたから。
湘倫とのやりとりはかわいくときめき。
ラストへ向かうまでの悲しさ、淋しさ、やるせなさの表現の仕方は、見ていて胸がはりさけそうになりました。
彼女でなければ、この演技はできない。とワタシも同感です。
また何度か見ていくにつれ、見方も変わってくるんだろうな。
その度ごとに、感じた自分のキモチをひとつひとつ大事にしてゆきたいですね。
いい映画をつくってくれた杰倫に、ほんとうに感謝☆
[2008/09/17 19:54]| URL | 小桃 #S7DRU.KM [ 編集 ]
☆kitchenさん
監督・杰倫とルンメイちゃんとの話し合いで2人の意見のすり合わさった素敵な小雨になったんでしょうね!
2人の信頼関係で出来上がったからこそ、ですよね^^

それにしても杰倫が望んだアマアマな小雨だったら、、どうだっただろ?^^;;
今でも甘いのにあれ以上甘くなってたんだろうか、とか思っちゃうー。
[2008/09/17 23:48]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆鍵コメ様
ルンメイちゃん、大人になってきてまた幅が広がりましたよね。
《遠い道のり》では不倫をしている女の子の役どころだったし、チャレンジしてますよね。
これからどんどん色んな役を見せてくれるのでしょうねー。楽しみです。
そして、やっぱり自然体なルンメイちゃんは本当に素敵な人ですよね。

白抜き、ネタバレだけど書きたくてやっちゃいました(笑)
反応してもらえてコチラこそ感謝です^^

[2008/09/17 23:57]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆鍵コメさま
コメありがとうございます^^
見に行かれたのですねー。どうですか?
何度か見ていらっしゃるんですよね?^^
私も何度見ていても細かい所に気づいたりして楽しく見ています♪
[2008/09/19 14:24]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆小桃さん
私のくだらない白抜き見てくださってありがとうー。
小桃さんは最初の時の方が・・・でしたかー!
私は初めて見たのが台北の映画館で、ストーリーやセリフを追うのに
とにかく必死で、ルンメイちゃんの表情とかまでどっぷり入り込めたのは
2回目以降だったんですよー。オハズカシイ^^;;;
(すんなり理解できるだけの語学スペックが欲しかった・・・orz)

そうそう、見る時のタイミングや気分や場所によっても感じ方変わりますよねー。
もう何度も見ているけど、やっぱり好きだなぁって思います、この映画。
[2008/09/19 14:26]| URL | miyako #- [ 編集 ]
台風は大丈夫でしたか??
miyakoさんのこの感想を読んで、とても共感しましたー。
私は先日2回目の鑑賞で、「この映画、女優・ルンメイちゃん×導演・杰倫の映画だな~」と思ってしまうほど、ルンメイちゃんの演技に引き込まれてしまいました。

ほんと、導演ジェイのキャスティングの勝利だなーと思います。
彼女は、独特の雰囲気があって、そのために周りと微妙にずれてしまう…っていう感じとか、
繊細なのに、物事を見抜いてしまう鋭い目を持つために、よけい傷ついてしまう…みたいな感じが、
すごく良く出せる人のような気がします。
少し前に「藍色夏恋」を観ましたが、当時から独特の、賢そうな雰囲気があったのですねー。
青春モノの、甘すぎない(=観客の女子に支持される)女子の主役に、ぴったり!

アマアマの小雨じゃ、観客の女子には受けなかったと思います>導演^^;
でも、見抜いていたんですよね。さすがの眼力に、脱帽です~
[2008/09/20 02:46]| URL | しん #bxvF113M [ 編集 ]
☆しんさん
共感、ありがとうございます~♪
ホントにルンメイちゃんが光る映画ですよね^^
すごく印象的だもの。

ルンメイちゃんのアドバイスも素直に取り入れたからこそ、よりみんなに好かれる映画になったに違いないですよね~。

アマアマな小雨・・・きっとそういう子が憧れなんだろうなぁーってついつい想像してはニマニマしちゃうけど、映画になってたら、駄目だったでしょうねぇ^^;;
[2008/09/20 19:36]| URL | miyako #- [ 編集 ]
「言えない秘密」の二人が「海洋天堂」に
miyakoさん、はじめまして。古い記事へのコメントですいません。

現在中国・香港・台湾で公開中のジェット・リー主演映画「海洋天堂」では、ジェイ・チョウが主題歌を歌い、グイ・ルンメイがピエロの女性役で出演しています。

この「海洋天堂」の日本公開運動をやっているそうです。
「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
ネット署名の代わりに、BBSでメッセージを募っています。もしよろしければご協力お願いします。
[2010/07/22 13:41]| URL | あーる #pcEsqDro [ 編集 ]
☆あーるさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
『海洋天堂』杰倫もルンメイちゃんも絡んでいるの知ってます^^

日本の公開はまだ決まってないと聞いてましたが、そういう運動があるのですね。
今ちょっとサイトを見に行く時間がないので、また後でじっくり見てコメントしたいと思います^^

日本で公開されることを祈ります^^
[2010/07/23 13:01]| URL | miyako #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。