スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
韓国(雑誌?)インタビューAtoZ



前にUPされてたこの画像、雑誌の撮影だったんでしょうかー?

≪不能説的秘密≫≪功夫灌籃≫のJAY CHOU・周杰倫へ
A~Zのインタビューってことで、アルファベットA→ZまでのKeywordに
それぞれに答えてもらうという、よくある質問形式ですねー。
せっかくなので翻訳機頼りだけど、自分の覚書として続きに入れてみます~
(まだ途中だけど、また時間のあるときに”Z”まで完成させますぅ)
↑”Z”まで、追加しました。


それにしてもここのところ、韓国サイトにわからないまでもトライしてるうちに
段々、「周杰倫・不能説的秘密・功夫灌籃」辺りの文字は覚えてきた・・・
(ヴィジュアルとして、ですよw)
ハングルってホント、視覚系の文字なんですねぇ~



で、これとは違う記事にて、こんな↓素敵な言葉がー♪
「彼の未来は相変らず無限大に開かれている」
沒錯~~~!!!^^

-----------------------------------------------------------------
翻訳機通して、後は日本語っぽく変えているので間違い結構あるかと・・・
↑でもその間違いを確かめるすべがありません。爆。
これを読む方、あんまり信用なさらぬよう~
-----------------------------------------------------------------



Alcohol
 あまり飲めません。一度酔っ払ったことがあってそれから飲まなくなりました。

Basketball
 バスケは小さい頃から好きだったけれど、身長が伸びなくてバスケの選手にはなれませんでした。実は中高の時は、もっと背が高くなるようにとバスケをしていたんです。その後は、女の子達が黄色い声で応援してくれるのに味をしめてね。音楽班だったから女の子が多かったしね。

Chow Yun-Fat
 幼い頃から彼の映画を見て育ったし、ファンとして好きでした。≪黄金甲≫で一緒に演技をするようになるなんて、夢にも思いませんでした。初めて会った時には震えました。大スターを見る感じだったので、あまり近づけないし、会話も交わせない位でした。

Demerits
 面子をとても重要だと思っています。そして欲心も多く、何でも1位になるまで気が済みません。台湾芸能界はとても競争が激しいけれど、出来るという気がします。それと、時々ストレートにモノを言ってしまうことがあって、そのために台湾のマスコミが良くない記事を出すことがあります。

Edison chen
 芸能ニュースではなく社会面で報道になる大きい事件になってしまいました。誰よりも女性たちが傷つく事件です。女性たちの被害がもっと増えるだけなのが切ないです。言論メディア達が自制してくれ、今後この事件がこれ以上拡大されなければ良いと思います。

Fan
 ≪頭文字D≫で初めて俳優デビューした時には、ファンの中で音楽に専念してほしいという意見もありました。でも≪不能説的秘密≫を撮影し、成功をしたから、コレをきっかけにファンが映画も頑張ってと応援してくれるようになりました。それで、音楽と映画を一緒に応援してくれます。また他の秘密があったらいいかな(笑)

Guey Lun-Mei
 一番息が合った共演者が桂綸鎂です。とても不思議な感じのする友達です。 映画を撮る前には全然親しいとはいえなかったけれど、映画撮影初日以後に急速に親しくなりました。初めの印象より見れば見るほどきれいな、独特の魅力を持っています。もし比べるとしたら、一緒に出演した曾玹(※晴依役)は、一目できれいだと感じる印象があります。また桂綸鎂はよく見ればまるで韓国人みたいだという感じもします。(ホントに?^^;)

Hollywood
 ハリウッドに進出したいという考えはありません。英語を間違ったりするし。アンディ・ラウを含めた多くの先輩たちが真の大きいマーケットはアジアだと忠告してくれます。ハリウッドより大きいマーケットだと思いなさいという話もたくさん聞きました。誰もがみんなハリウッドに行く必要はないと思います。ハリウッドの長所はお金が多いということだけです。マーケットは中国が一番大きくないですか?

I believe
 韓国の流行音楽は台湾でも人気があります。(台湾の)歌手たちも多くの韓国の歌をカバーして歌ったり、ドラマ主題曲もたくさん知られていて、手軽に聞くことができます。個人的にはシン・スンフンの ‘I believe’」(※映画『猟奇的な彼女』主題歌)が耳慣れています。




J~は、また明日UPしますぅ^^;
・・・ちなみに「J」は Jay Chou の「J」ではなく、成龍の「J」でした。笑。

アホやん。成龍でなくて学友さんだったわ^^; Jackyしか見てなかった・・・


Jacky Cheung
 小さい頃の夢が音楽家だったから、古典音楽を専攻していました。音楽学校ではクラシック音楽を勉強していたけれど、流行音楽を避けたりはしておらず、張學友が一番好きでした。ポピュラー音楽の作曲・編曲は芸能界に入ってから始めました。芸能界に入ったのは、流行音楽コンテストに参加したことがきっかけ。

Kung Fu Dunk
 《功夫灌籃》は、気楽に劇場に行って、ゲームを楽しむように見ることができる映画です。ご両親と一緒に見るのも良いですね。《不能説的秘密》は少し集中したり考えたりしないといけないけれど、《功夫灌籃》は気楽で単純な娯楽映画です。

Life long
 今のようなスピードで10年後には世界中の人々が共感できるような映画を作りたいと思います。今はアジアの人々だけが見ていますが。最終目標を10としたら、今は6位まで来ていると思います。もちろんこれからも熱心に取り組んでいきます。

Magic
 人々が「これから映画でマジシャンをやらなくてはならないのでは?」というような話しをします。マジックに関する映画を撮ったら、それ以上撮る映画がなくなってしまいます(笑)バスケットボールと音楽以外に唯一出来るのはマジックだから。

Next movie
 次回作?まだどんな映画になるのかは決まっていないけれど、確かにスケジュールは開けてあります。今年の年末頃に撮影できるように。新しいアルバムはずっと準備中で、7~8月頃に発売される予定です。

Olympic
 5月1日に開く北京コンサートは北京オリンピックの公式行事に指定されました。(※オリンピック100日前だしね)この頃は、北京ではソロコンサートが禁止されているのですが、ソロコンサートが開けるようになりました(笑)また、オリンピックのために作った曲は完成していますが、選ばれるかどうかはまだわかりません。昨日、開幕式総演出を担当するチャン・イーモウ監督にあってこんな話をしました。「監督が選曲される時は公平にしないといけない。僕と親しいからといって僕の曲を使ってはいけません。公平に良い曲を選曲してほしい」と。今までの僕のスタイルと違ってシンプルなメロディーと一度聴けば全ての人が歌うことが出来るような歌です。今までの周杰倫スタイルだったらテンポが早く、なかなか歌えないでしょう(笑)

Parent
 映画の中では片親である設定が多かったけれど、意図したわけではありません(笑)偶然合ったものです。≪頭文字D≫は原作で関係が詳しく描写されていたので、選択する以前に決まっていた設定です。唯一意図した≪不能説的秘密≫では僕が感じられず、切望したお父さんに対する愛情を描きたかった。実は幼い頃は別れた両親の考えを理解することが出来なかった。それぞれの感情だから聞いてみる理由もなかったし。でもこれからは少しわかるようになったかもしれない。(周杰倫は早く離婚した母親と一緒に暮らし、アルバムタイトルに母の名前をつけるほどに手厚い愛情を表している)

Quality
 映画の中のキャラクターの才能は全部僕が得意で好きなものばかり。もし、バスケットボールでなく、卓球やサッカーだったら出演したかどうかわからない。色んな技術を見せなくてはいけないキャラクターであるのに、俳優が身につけることが出来なくてマネだけするのは、僕も嫌だし、観客達にもみんなわかってしまいます。幼い頃から、バスケットボールが好きで楽しんでいたから自然に演技することが出来ました。

Run parallel
 これから必ず音楽と映画を全てしなくてはならないのではありません。直接経験してみたら、演出と音楽を平行して行うのがどれだけ大変かを悟りました。初映画作品≪不能説的秘密≫は沢山の人々に「僕はこれだけできます」と証明できたように思え、満足しています。これからは他の人の助けも受けて、楽に作業をしたいです。また台湾芸能界に歌と演技を両立させる芸能人たちが多いのは、多分競争が激しい為に、もっと上手で新しい姿を見せなければいけないからではないかと思います。新人達も多く出てくるので、自ら努力して変化させなければ、淘汰されてしまうからです。

Secret
 初映画作品です。幼い頃から自分が音楽をやっていたから、一番上手くできることを探して、撮っただけです。もし他のジャンルだったら、こんなに上手には出来なかったと思います。

Training
 カンフーは実際にも少し行っています。今度の作品もそうでしたが、≪黄金甲≫の時も必要に応じて訓練を受けました。

Undesirable
 不快なパパラッチたちに反感を持っています。特に台湾のパパラッチたちは芸能人たちが本当に嫌がる写真を撮って、ひどい単語を使って記事を書いたりします。女優達のスカートの中や肌を撮って出したり。道徳観念自体が無い行動だと思う。人々が嫌がるだけ。だから歌を作ってパパラッチに反撃を加えたりしました(笑)

Vehicle
 ストレスはドライブで解消します。実はクラシックカーを購入した後にデザインも新しくして、色も塗りなおしたり、シートを替えたりするチューニングに高い関心があります。一番気持ちよく感じる時は、チューニングが完成した時で、最初は廃車のようだけれど、熱心に手入れをした後、キレイな車になっているのを見るといい気持ちです。車庫には7~8台駐車してあります。

Wong Chau-Sang
 とても立派で影響力や学ぶことがあります。実際でも親しくなり、親子関係になった位。≪頭文字D≫で初めて会い、その後とても親しくなり、黄秋生の提案で親子関係を結びました。緊張どころか、悪戯をするほどに楽な仲です。

Xingchi
 とてもスゴイ先輩で、小さい頃から出演映画は殆ど見たくらい。その中でもアンディ・ラウと共演した≪非常俠客≫がとても好きでした。幼い頃は、子供達を冷やかして悪戯をいっぱいするいじめっ子だったけれども、ニックネームが「チャウ・シンチー」でした。姓が全く同じ(周)だったから。もちろん今、この状況を想像もしませんでした。彼の≪少林サッカー≫と比較されることについては、とても独特の経験で、本当にスゴイ俳優の映画と比較されるということ自体、光栄です。近い時期に封切した≪長江 17号≫は台湾では≪功夫灌籃≫より少し成績がよくスタートしました。ところで、社長は他の地域では負けてないと話していました(笑)台湾では小さい頃から好きだったというファンが多いから人気はやっぱり高いです。そして映画はTVを見れば毎日見られるレベル。

Younger generation
 今、友だちを見ればダンスもとても上手いし、才能がある人も多いです(笑)それで競争にならないので、ある程度ならダンスをするように努力しています。でも、コンサートの時毎回ピアノだけ弾けばファンが飽きないか(?)心配で、それを別にした後にダンスをします。本当に公演のために仕方なくヒマを見て学んでいるだけです。

Zhang Yimou
 演技を始めていくばくもなかったけれど、チャン・イーモウ、アンドリュー・ラウなどの巨匠達と仕事できたということだけでよいチャンスが与えられたと思っています。実際に、彼らを見ながら立てた目標があります。30歳を越したら、監督たちを追撃することです。目標はいつも遠くに見て努力しなければならないのではないかと思います。そのために、彼らを目標としました。チャン・イーモウ監督が≪不能説的秘密≫を見て「私がキミの年の時は、何をしなければいけないか何もわからなかった。28歳で初映画を作ったということ自体が驚くべきことだ」と話してくれました。監督のそんな話を聴いたら、僕は幸せモノだと思いました。僕を信じてお金を投資してくれる人がいたということ自体も幸運ではないでしょうか。コレからもっと早くやらないといけません。



出展
スポンサーサイト
[2008/02/28 00:10 ] | 周杰倫-書籍&雑誌 | コメント(8) | トラックバック(0)
<<世界巡迴演唱會2008-澳門站Ticket 発売開始~ | ホーム | 娯楽百分百@日本武道館>>
コメント
おつかれさまです
んまぁ、こんな記事まで。。。
ってかさぁ、韓国語まで習得しちゃいそう?笑
勢いあるわぁぁぁー。
ふふ、確かにどこかに間違いがあろうとも、分かりようがないわぁぁ。笑
いやいや、いつもありがとうございます。

しかし、この記事を読んだ韓国の一般人はどう思うのか、それが知りたい。
日本よりメディア露出高そうね。。。
[2008/02/28 03:03]| URL | au #7KJvJ7bA [ 編集 ]
凄い!miyakoさん
いや凄いです。
画像だけは入手してたけど記事追いしなくなってるし、こういう面白い(興味ある)記事があったと思うと記事は大切(Jay本人の言葉で話してること)で
大事だなぁと痛感中。
今、現在のHotなNEWSまでJayに聞いてるし・・・エヂ・・・
ルンメイのインタ部分はすっごく嬉しい。
私、ルンメイ好きです。留学したりとか自分の将来とか在り方とか知ってもっと好きに。
不能のメイキングでJayママと一緒にダンスしたり(Jay伴奏)、pロモーションの時にJayに突っ込みいれたりして、それが自然で嫌味がなくって。
境遇もJayにチョイ似てるし。
そのルンメイにJayが好感持ってるって!
いやー嬉しい。
ありがとうございます。
このA-Z記事、大変いいですね。
で、気になったのはAのアルコール。
酔った経験あるJay----ッフフ。どうなちゃったんだろう?寝ちゃったのかな?
すっごく興味あるかも

[2008/02/28 20:52]| URL | 桐子 #- [ 編集 ]
●auさん
韓国語習得!?いやいや、絶対無理。やる気無いもん(笑)
翻訳と今までの知識で勝負!でしたよー。。。
何度始めたことを後悔したか(爆)

どうなんでしょうね?<一般人
普通に読んで終わり、かもねぇ・・・
でも日本に比べたらお茶の間に浸透しててもおかしくない扱いですよね。
[2008/02/29 00:19]| URL | miyako #mQop/nM. [ 編集 ]
●桐子さん
ホントタイムリーなことを・・・って感じですよねぇ・・・
ルンメイちゃん、いいですよね。しっかりしてるし。
杰倫とはホント兄弟みたいだったなーと思います。

杰倫って恵まれてるなーとコレをZまで見て思いましたよー。

アルコール、、多分、やらかしてますね!(笑)
それにひきかえ、何度やらかしてもやっぱりのんでしまう私でした・・・
[2008/02/29 00:22]| URL | miyako #mQop/nM. [ 編集 ]
miyakoさん、お疲れ様
ほんとはハングルも出来るんじゃない?と思ってしまう内容ですね~
ハングルは音は中国語より覚えやすそうだけど。。字がね・・・

新しい映画、年末ってあなた、3年はやらないんじゃ?
役者として参加するってことでしょうか。
そしてアルバム。夏ですか? 信じません。きっと秋以降でしょう・・

parentのところ、最近見たほかの動画でもこんなこといってました。そうなんだ~と思って読みました。
[2008/02/29 08:05]| URL | TK #xH4FHwQ. [ 編集 ]
●TKさん
ハングル、意外に機械翻訳でも意味がなんとなく通じるんですよw(それだけ訳しやすいってことなのかな?)
ハングルの知識はゼロなんですが、確かBopomofoみたいなもんで、1つの文字にいくつかの音記号が入ってるとかだったような・・・。
でもそうは言われても元々、発音がわからないから意味無いけどw

ハングルといえば、草つよぽんがスゴイ勢いでハングルマスターしてたけど、その時に「勉強しすぎてハングルのことばっかり考えすぎて、日本語の単語が浮かばな衣くらいになった」って言ってたのをいつも思い出しちゃう。
ファンとかではないけど、その学習の勢いは尊敬!
そこまでの段階に行ければ私もペラペラになるにちがいない!
・・・けど無理だぁorz

次回作って・・・って感じですよねー!
でも彼の時間の感覚ってちょっと凡人ちゃうからー!
10年位後に映画、って言ったりしてたくせにその翌年には監督してるんだから。爆。
アルバムは私も秋だと思いますw
夏はオリンピックもあるし。

最近、色々と吹っ切れたのかオトナになったのかよくお父さんの話題出しますよね。
武道館でもお父さんのこと言ってました。

[2008/02/29 22:37]| URL | miyako #mQop/nM. [ 編集 ]
Miyakoさん!素敵な記事の翻訳、ありがとうございます!
テーマごとの今のJAYの考えてることがわかってうれしいです。
この韓国雑誌の企画が素晴らしい。。
これが中国語ならこの雑誌、買いたいところです。。
日本の雑誌も同じことばかり聞くのではなく(共同取材の場合もあるにせよ。。)、同じインタビューをするにしても、もうちょっと工夫をして欲しい気がします。。
もしくは「D調的華麗」のような、今のJAYの言葉を集めた本がでたらいいのになあ。。
[2008/03/07 00:03]| URL | green #LcAofKD. [ 編集 ]
●greenさん
こういうのって結構ありがちな形式だけど、杰倫を良く取り上げてるメディアではもうめったにやらない企画かもですね^^;
日本でも「まだお茶の間にあまりよく知られてない人」に対してやってることが多い企画だという気がするし。
日本だと日本での知名度とか、位置づけとかで取り上げられちゃうから、ファンはとっくに知ってるよ、って内容が多くても仕方ないところがありますよね・・・残念だけど。

杰倫の言葉は自ら拾いに行けば、結構あちこちに新旧あれこれ、落ちていて楽しいですよ^^
greenさんも是非^^
ちなみに私、「D調~」は台湾版が大好きです♪・・・紙質は日本版に全然負けてるけど。
[2008/03/10 23:27]| URL | miyako #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。