スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
八度空間プロモーションインタビュー
まだまだ続く八度空間。
・・・これは黄金甲のジェイさんへの反動ですか??(ーー;

プロモ中?



2002年のsinaのインタビュー記事をちょっと読んでみました。


以下、誤訳意訳大量投入(デフォルト仕様)。
話半分に読んでください・・・オネガイシマス(^ー^;;
&間違いのご指摘も・・・。




 この2日間、いたるところでJayの姿を見られたので上海のファンは有頂天になっていた。昨日の午後、Jayは演唱会のリハーサルの隙間を縫って、上海揚子江飯店を訪れ、新アルバム「八度空間」のプロモーションをした。これまでずっと話の得意でない(?:“不善言辞的周杰倫”)Jayは昨日はとても協力的で、驚いたことにマジックをして遊んでいた。それらは簡単なトリックだったが、Jayは「これはなかなかできないんだよ」(?意訳)と言っていた。



【記者】
あなたの3枚目のアルバムは前2作のアルバムに比べて、スタイル上あまり変化がありませんが、あなたの音楽スタイルをどう評価するか心配ではないですか?


【Jay】
実際にアルバムが出るごとに同じことを同じように言ってきました。みなさんの僕への期待は高く、このアルバムでも変化は無いと言えます。音楽を作るには一貫したスタイルがなくては。例えば、映画は映画であってドラマになれないことや、違う映画(のストーリーが)異なっているのと同じことといえます(意訳)。僕の新しいアルバムでは、もし注意深く聴けば、多くの変化を発見できます。評論に対して説明することはできますが、説明したくありません。自分の音楽は彼らに従うものだと信じています。


【記者】
あなたは以前も“音楽で李連杰になりたい”と思うといっていましたね。“映画で李連杰になりたい”と思ったことはありますか?


【Jay】
僕の音楽の中には多くの功夫的な解釈があります。僕のアルバムが沢山の中国風のものを含んでいることを願っています。僕はよく李連杰を楽しんでいますが、彼の功夫はすばらしい。映画界において、僕がどうして第一になることができますか。けれど僕は音楽的な考えは沢山あり、音楽に僕のスタイルが現れています。(意訳)


【記者】
もし今後映画の撮影に参加する機会があったら、どんな役柄をしたいと思いますか?またどんな人と共演したいと思いますか?


【Jay】
自然に演じられるものがいいと思います。 (意訳)なおかつ音楽家だととてもいいですね。一番共演したい人はもちろん李連杰ですよ。


【記者】
あなたは以前公の場で、「長く順調かわからない」と言っていましたが、自分の音楽の要素はあまりに単一だと思いますか?(?・・・意味不明)


【Jay】
ただ僕の音楽が永遠のものではなく一時期の代表であることを望んでいます。長いかどうかはどちらでもよくて、ただ将来に僕の名前で僕の音楽が思い浮かぶような、そんな感じの流れの代名詞であることを望みます。


【記者】
あなたはアジアの歌謡界のR&Bの代表人物だといえますが、現在多くの新人歌手があなたを真似ています。あなたはどうこの現象を見ていますか?


【Jay】
とても光栄です。本当にいいと思います。僕の音楽スタイルを吸収して、彼らに僕の元素がまた加わることはまた音楽界に対しての1つの貢献だと思います。


【記者】
彼らの考えを束縛して多くを模倣するのが心配でないなら、音楽界には新しい物が不足していくと言えるのでは?


【Jay】
そんなことはないですよ。もし全ての人音楽が全て同じになったとしても、僕のは違っているかもしれない。音楽の潮流が氾濫していても、僕は流れに流されない。僕はいつも変わったことを考えて、他の人と違うことをするのが好きなんです。


【記者】
あなたは自分の現在と一般的ではないスタイルを大まかにまとめることができますか?


【Jay】
僕の音楽はヒステリックで普通の人の思惑を超えて作り出すことが出来ます。
新しいアルバムに入っている《爺爺泡的茶》。お茶は誰もが飲むが、歌を書くとは思いつかないでしょう。今日ここで記者会見を開いて、僕が自分がひとりの記者だと想像したら1つの曲を作って歌えるかどうかわからない。(激しく誤訳な予感)






ってな感じの内容でした。

まず、このインタビューが行われたのは2002年8月!= 4年前ですよ。


でも最近のインタビューでも言っているように音楽に対する姿勢はお変わりない様子。
あまりにも変わってない部分が多くて改めてビックリ。


そして、憧れのジェット・リーとの共演。
本当に憧れだったんだね~。夢かなってよかったね~!(><)
すごいなぁ。思っていれば叶うものなんですね。




・・・たまに霆鋒記事に杰倫の話題がくっついてる時もあって、何故あの時スルーだったのかと悔やまれます(汗)
公開されたばかりの電影「竜虎門」霆鋒も出てますが、彼が出なかったらジェイにオファーが行ったかも?て記事がありました。あの時知ってたら、あのかわいい杰倫を生で見れたかもだったのにっ!
。。。。も、もったいない・・・ _| ̄|○



これは言うまでもなくONE。
この頃の杰倫に生で会いたかった~~(><)
白い子

スポンサーサイト
[2006/08/04 23:36 ] | 周杰倫-留言&專訪 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<ファッションチェック、他 | ホーム | 杰倫、やっぱり最新留言>>
コメント
アルバムの中で一番好きなものは?ときかれたら、すっごく迷うでしょうが、たぶん、八度空間が候補になる私としては、このインタビュー、すっごく楽しめました。感謝です!!!
そして、それから、3枚のアルバムを出した杰倫の音楽スタイルは、一貫しているものの、同時に進化し続けている・・・それってすごいことですよねっ。
さらに、来月にはまた新たなアルバムが!どんな曲をきかせてくれるのか・・・杰倫ワールドのさらなる飛躍を楽しみにするばかりですねっ。
ツェー様記事絡みで小文字にかえて、吠えているmiyakoさんが可愛いです(笑) 
oneのこのころの杰倫、ほんとかわいーですねっ。弾ける若さがまぶしー
[2006/08/05 02:30]| URL | やよい #- [ 編集 ]
★やよいさん
楽しんでいただけましたか?こういうのはいまさらで、スルーかなと思ってたから嬉しいです♪謝謝~♪
新しいアルバムも本人が不変発言してるのでずっとこの流れですよね。楽しみ~。

ふふ。霆鋒も好きなんですが、長年の友達に言わせると、「霆鋒顔はどっちかっというと好みタイプじゃないよね?確実にジェイ顔が好みのタイプでしょ!」とバレバレですww
私もそう思うので浮気が本気になるのは当たり前だったのかも!w
[2006/08/05 10:34]| URL | miyako #mQop/nM. [ 編集 ]
うわあ。面白かったです。
ジェイってアルバムをリリースする度に、今回の出来は?って聞かれて、ほぼ、いつもと変わらないよって答える、その一貫した姿勢が好きです。
4年前に憧れだった、リーと共演できて、ジェイは嬉しかったでしょうね。
たった4年前なのに、随分、昔を回顧してる様な、懐かしい気分になりました。また、昔のインタを載せて頂けると、楽しみが増えます☆
[2006/08/06 19:07]| URL | 桐子 #Lw3V702. [ 編集 ]
★桐子さん
読んでくださってありがとうございます☆
本当にずっと同じっていうのはすごいことですよね~。連杰からの依頼は本当に嬉しかったでしょうね!映画のプロモにも一緒に出ちゃうんだもん。
昔のインタ・・・他にもアレコレ見かけますからまた興味深い内容&機会があれば載せてみようかなっと思います♪
[2006/08/06 22:32]| URL | miyako #xw27v.Lk [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。