スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アルバム発売日の噂&四川省世界遺産巡りの旅[Part5]
最近、杰倫のnewsは特にコレっといったものがないですね・・・
レコーディングとかアルバムの準備で忙しいのかなぁ。。


インタビュー読んだりしてる時間的な余裕もなかったので
すーっかりと放置しちゃってました。。
毎日マメに書いてたかと思うと、怒涛の放置劇。。
コメ下さってた皆様、本当にすみません、、お叱りは受けますぅ。。w



意味なく結構前にでた発声網の画像・・・えらそう?(笑)


そのnewsのない間、全く音沙汰なかったと言うわけでもなく
全くなんぢゃそりゃ、っていう記事のオンパレードw

脊髄炎による徴兵免除の件も真実性があるため不起訴処分に。
(って、まだ続いていたのね、この話。すっかり終わったと思ってた~;)
後、禿防止の薬は性機能を弱めると医者に言われた云々(苦笑)
(って一体誰に聞いたんだ、そのネタ・・・本当だとしても杰倫さん、禿とアレとどっちを取った訳?爆)


で!で!で!
そろそろJVRやあちこちのBBSであがってきているのが
杰倫の新しいアルバムの発売日

10月26日って話 (あくまで噂段階デス)

もうちょっとしたらアルバムネタがたっくさん出てくる予感~
去年の怒涛の記事ラッシュを思い出すぅ。。
去年は延びて決まって海賊版防止のために早まったんだっけ??w


10月7日はガンホンの結婚式。杰倫さん当然参加。
ということを考えるとプロモもしないといけないから
10月1週目の発売はないだろうなぁ~とかあれこれ考えていたんだけど
そんな後ろの方は全く考えていなかったなぁ・・・コンサとの日付が近そうだし

HMVでは10月24日発売となってるけど
台湾での26日発売が本当だとしたらまた一足先のリリース??(==;
東京国際があって日本に来ていたとしても、台湾でアルバム発売するよりも早く
日本でアルバムのプロモーションをするかなぁ???という素朴な疑問が・・・
=去年の情報に踊らされてぬか喜びで凹んだ経験を踏まえ、今回はもう信じませんっ(苦笑)


で、で、
この日程で発売されたとしたら、日本に届くまでに1週間として
コンサまでに曲を覚えられるのでしょうか(汗)
・・・だとすると、日本迷には更なる気合が必要ですねー!w


と、これだけ書き散らしておいて、以下、旅行レポです~
黄龍へたどり着きましたよぉ~ふぅw
とはいえ、記憶が飛びすぎていて・・・駄目駄目っすね^^;
雰囲気だけお楽しみくださいませ。。


---


●黄龍への道のり[4日目]

またこの日は黄龍へ向かう為に朝の出発が早く
支度の鈍い私はまたトロトロと荷造りをやっていて
ポーターがスーツケースをpickupする時間ぎりぎりで荷物を出すw

バスの中では、ツアー客に配られる予想よりはるかに大きい酸素ボンベを受け取り、大きさにおののく。
使い方の説明を受けたけど富士山をボンベなしで頂上まで登りきったことがあるので
荷物になるだけで使わないかもなーとか思ったりして・・・
実際に酸素ボンベって、高山病になりかけの時には効果あるけど
なってしまった後にはあまり効果がない気がするし。。
※このいい加減な知識は数年前に富士山に登った時に
 めっちゃ高山病対策を調べた知識の断片です。。信じないでねw


黄龍へは九寨溝とは逆の方向へ進んでいきます。
これも近くはなくって、何時間だったかなぁ??4時間位だっけ?
結構かかったんですよね。しかも途中で高度4,000mの峠を越える。。緊張w
思わず高山病を心配してゆっくりと深呼吸して体に酸素を取り込んでみたりと
意識的に対策しちゃったりしてねw
※ココで「移動中はなるべく寝ないほうがいい」とガイドさんのアドバイス有
 (寝ている間は内臓が普通の高度の時と同じ動きをしてしまう為に
  おきたら気持ち悪くなったり頭痛くなっていたりと高山病の症状が
  出やすいらしい)

でも最初のうちは村落や他のホテルなどを見たりしてなんとなく楽しかったりして。
この辺りも写真を撮りたかったのだけど、何しろバスのスピードが出ていて全く撮れず^^;
この時もiPODで杰倫を聞きながら
時折、いる黒牛?やら馬やらの放牧しているのかな?という動物を見たりしつつ



(↑杰倫関係以外の時に、台北で殆ど傘をさしたことがない位に
  自称晴れ女な私、やっぱり雲ひとつない晴天!w)


どんどん山道を進んでいき、とうとう高度4,000mの峠へ
・・・ん~ちょっと頭が重いかな。。。たいしたことはないけど

そうこうしているうちにとうとう見えてきました。
万年雪をたたえた眠山山脈の最高峰5,588mの雪宝頂!!
・・・↑旅行日程表を丸写ししちゃった(爆)



とはいえ、これまた山道で曲がりくねった道な上に、スピードが出てるのできれいに写真に収められずorz


とうとう、ずーっと行きたかった黄龍入り口へ到着!!!
・・・というか、ロープウェイ口に到着w

上る前にまずは腹ごしらえ、食堂でお昼ごはん。
郷土料理といいつつ、メニューはもうこのツアー中、ほっとんどの料理が同じもので、新しいものが2皿位ってところかな。
代わり映えがしないんですけど・・・
ただビールのメーカーは時々変わっていたので、変わる度に呑んでましたけど(爆)
・・・ほらっ、味見って重要だしw



●黄龍[4日目]


ここから上までロープウェイで一気に上ります。
もちろん徒歩で登山道って言う手もあるけど、ツアーなのでw
しっかし、このロープウェイもかなり急なところを上っていくので
登山道を歩いていくとなると相当の覚悟が必要だと思いましたわ。。
いるのかな、そういう人??(・・?


ロープウェイを降りても何も見えない・・・ガイドさんの指示で待ち合わせ場所と時間を確認し
我々は歩いて向かいます。
最初はずーーーっと山道を歩いていく為、全然木以外は見ることができず。。
舗装されているので楽に歩けました♪




途中で右手側に青い水が見え、一気にテンションUP!
さらにずんずん進んでいくととうとう開けた場所へ!キャーーー!

・・・と思いきや、最初は岩でできた川みたいなもの。。。



さらに歩いていくと、来ました!!!
(説明も野暮なのでクリック拡大でお楽しみください~)








めっちゃキレイ!!
我々のテンションは極限MAX!(笑)
高山病で具合悪いー!と言っていた友達もすっかり高山病が吹っ飛んだらしいw

アホかってくらいに景色写真を撮り、中国人と張り合って記念写真を撮り・・・
ただみんな盛り上がっているので撮影は戦い・・・(笑)
我々も手を出して場所をキープしたりと主張しまくり。慣れた・・・。
笑ったのは、どっかのポイントでなかなか隣の人がシャッター押さず立ち止まっていたので「快一点吧!」と言ってみたら「隣が遅いから無理だよ」と言われ、彼らの隣を見たら、ポイント決めかけているのか指をプルプルさせつつ、なかなかシャッター押してくれない三人組が・・・納得、そりゃ仕方ないわ(^ー^;

どんどん道を下りながらあちこちで撮影していったのだけど
もうどこをとっても絵になる。。
写真センスのない私が取ってさえ、絵になる。。すごすぎる・・・



結局興奮した我々は集合時間に急いでギリギリ時間内に到着したものの
メンバー内ではやっぱりラストだったらしい↓↓
常にラストですみません~!

ここで砂糖入りのお茶を買った友人達、「おいしいじゃん!」とはまっていたw
知らないとなかなか手に取りにくいもんねぇ・・・


●お茶屋さんなど[4日目]


ツアーなので次なるホテルへ向かう途中で御土産屋さん(というかお茶屋さん)へ
トイレ休憩も兼ねて寄りました
私は台湾で買ったお茶があるので、今回は買うつもりなく味見だけ
友達は超値切って買ってましたw
思わず「すごー!やるなっ」と思ってニヤニヤと見てしまいましたw

その後、石屋さん?へ行ってそこではお土産に携帯ストラップを購入。
確か3本1000円、2000円で6本+おまけ1本で売っていたのですが
友達と3人で共同して大量購入と言う手で値切りに挑戦
結果「5000円で20本・・・に1本おまけつけて~」で交渉に成功(笑)
隣にいた関西人のおばちゃんが値切れなかった様子・・・。
なかなかの戦利品で、親しいお友達へのいいお土産となりました♪(爆)



後は暗くなった中、どんどん移動し、宿泊予定のホテルへ到着
ここは1泊だけだったし、到着も割と遅かったので、本当にお風呂入って寝てって言うだけな感じで、あんまり覚えてないなぁ・・・
朝も早かったから荷物もあまりばらさずに終わっちゃったし・・・

確かTVつけたら龍虎門のダイジェストみたいな宣伝?がやっていた・・・
杰倫にはお目にかかれずww



と言うわけで、また次回に続きます~次回はパンダ等です♪
やっと都会に戻れマスw




こんな杰倫をいつかどこかで見かけたい・・・


スポンサーサイト
[2007/09/09 23:25 ] | 周杰倫-音樂 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<晴天娃娃 | ホーム | 四川省世界遺産巡りの旅[Part4]>>
コメント
冒頭、杰倫の白クマ仁王立ち写真にもビックリでしたが、極限MAX!テンションの映像にびびびびっくり!!!
ココは健康ランドか何か?
ってくらい透明度高いですねー。すごいや、大陸!
パンダくらいしか知識なかったので、景色の美しさに度肝を抜かれるばかりです。
もどき芸能人な内地撮影軍団とのタタカイにも負けず撮ってきてくださったmiyakoさんに感謝。目の保養させていただきました。ありがとうございますー♪
次回はいよいよ ぱんださん。
楽しみにしてますよん。
[2007/09/10 10:36]| URL | 小桃 #S7DRU.KM [ 編集 ]
こんばんはー、こちらではおひさしぶりです!
すごい、すごい、すごい!!!
あまりの透明度の高さ&色の美しさに目ん玉落っことしそうになりました~
思わずどこの入浴剤を使ってるのかと・・・(笑)
さすが大陸、まだまだ人の手にかかってない神秘的な場所がたっくさんあるんでしょうねー

で、miyakoさん富士山登ったことあるの?
新幹線から富士山が見えたら「富士は日本一の山♪」って小声で歌っちゃうほどわたし富士山大好きで、いつか富士山の見える場所に住むのが夢!
そのときの感想などもお聞きしたいです。。

去年もそうだったけど、新アルバム発売までの時間って気になるニュースもなく中だるみ状態・・・今年は不能説的秘密の話題がてんこもりで助かったけど。
今年は新歌も発売前に耳にしたくないし、miyakoさんちでインタビュー訳UPしてくださるの楽しみにしてます~
そうそう、わたしもコンサまでに歌詞覚えられるのかが心配(汗)

>杰倫関係以外の時に、、台北で殆ど傘をさしたことがない
つまり・・・雨女であるわたしと一緒のときは傘さすってことですよね。。ははは。。。
[2007/09/10 22:03]| URL | 時計草 #rydD/zlY [ 編集 ]
黄龍だぁ^^
お久しぶりです、、、
なんとなく ひそかにロムだけしてたんです、、^^;
でもでも、、、今回のmiyakoさんの旅コース!
私も行きたくてたまらない所なんです^^
何度もBS特集も見たりして 憧れが募るばかり、、、
この黄龍の写真♡ 特に心惹かれてるところです
でも ツァーとはいえかなり過酷な旅なんですね;;
高山病、、、以前低い山でもかかりかけました、、
やはり秘境めぐりは体力勝負なんですねぇ。。。
とっても楽しく読ませてもらっています
ありがとうございます^^
[2007/09/10 23:26]| URL | tomato #.KNnOrts [ 編集 ]
黄龍
旅レポまっておりました。
ここって、あんなにダバダバと水がながれているのに、木が枯れないのがとっても不思議ですよねっ。自然の力なのかしら・・・・?ここって、標高4000メートルもあるんですか???すっ、すごい。
なるほど、バスで寝ているうちに標高高くなると、高山病にかかりやすいんですか?一つ勉強になりました(笑) パンダ、楽しみ~

と、それはさておき、ほんとにこの不気味な静けさが・・・・いやじゃ(笑)
[2007/09/11 00:39]| URL | やよい #- [ 編集 ]
ふー☆
待ってました!これです、これ!!黄龍、ほんとこんな景色が目の前にあるんですよね?すごすぎるー!
初めて観たのがテレビの動画だったので、現実感はそれなりにあったのですが、にしてもやっぱりすごい。
ここに足を踏み入れたmiyakoさん、うらやましいです!私もいつか絶対行こうと思います^^
前回の舞踊ショーも爆笑させて頂きました♪パンダも楽しみにしてますね。いつもJay以外への食いつきで申し訳ありません^^;
[2007/09/11 17:32]| URL | しん #bxvF113M [ 編集 ]
☆小桃さん
健康ランド(笑)
でもホントそんな感じの水色でした・・・って私も言うな!w
なんか水着でも着て中に入りたい感じ。。。長○スパーランドのプールにこんな感じの休憩用の温泉があるんですw
ココは本当にすごいですよね、中国でも奥地で神聖な土地とされていたからこそ、この景観が保たれているのでしょうねー。このまま保たれてほしい・・・!

パンダもいっぱいありますよー♪お楽しみに!?w
[2007/09/11 23:49]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆時計草さん
ふふ。入浴剤みたいな色ですよねー!
多分ココ以外にも素敵な場所はいっぱいあるみたいですよ。例えば、黄山の後ろに出る日の出もすごく美しいのだそうです~♪

富士山、ありますよー!私も富士山は好きです♪
東京からだと1万円ちょっと位で1泊2日のバスツアーがあるのです^^
でも「台風、富士山直撃か?」と言う時に決行。ずーっとレインコート手放せず、しかもゴアテックスのきちんとしたレインスーツなのに、大雨で中もびしょぬれ。風は強いし、頂上でも大雨で何も見えないし、、って言う状況で、思わず帰りに「こんな時には中止にするべきだと思います!」と書いてしまいました(爆)
いずれまた挑戦して頂上で日の出を見たい~!
結構高山病になる人多かったけど、しっかりと意識して深呼吸してゆっくり上っていけば、あんまりひどくはならないかも。

今年はインタビューどこまで手をつけられるかー、謎。
でも映画と違ってネタばれは少ないので安心かもw

時計草さんと一緒の時も傘さしてる時ってあんまり多くなかったような。。。w
[2007/09/12 00:00]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆tomatoさん
お久しぶりです♪コメントありがとうございます^^

ここって行きたいって人も多いですよね。観光客もすっごく多いです。1日に2万人ほど訪れるとか・・・。
過酷ですが、パパママ世代の人たちでも、私の友人達よりも元気なくらいだったので、普通は平気なんだと思いますw
私は格安ツアーだったのですが、きちんと高いプランで行くとそこまで過酷ではないんじゃないかな、って思います^^
行く時にはしーっかり深呼吸をしていけば高山病にはかかりにくいと思います^^
環境が壊れる前に是非行ってみてくださいね!
大変な思いをしてもすべてが報われる場所だと思いました♪
[2007/09/12 00:07]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆やよいさん
木が枯れないといえば、九寨溝の水中の木も腐らないのか不思議でした。
なんででしょうねぇー??
ロープウェイ入り口で3100mくらいだったので富士山よりは低いですね。多分ロープウェイを降りたところでも4000mはないと思います~。バスで移動していた時が一番高度が高かったのじゃないかなぁ・・・
バスもそうですけど、富士山の山小屋でも爆睡すると目覚めたとたんに高山病になったりしますのでご注意を~w
[2007/09/12 00:13]| URL | miyako #- [ 編集 ]
☆しんさん
ほんとにありますよ、目の前に~。触れるくらいに近いところにあります~♪
この辺り、雪解け水も入ってくる夏~秋位がちょうど見ごろらしいですよ(秋は紅葉もキレイなんだそうです)^^
最初GW辺りって言う案もあったのですが、水があまりないみたいでシーズンが良くないらしい、ってことで7月になったのです^^
ツアーも結構ピンからキリまであるので色々探すといいプランが見つかると思います^^
私は成田出発よりも、関空までの交通費合わせても関空発の方が安かったので、それにしました。(同じ理由で東京から参戦していた子たちがいましたw)

JAY以外でも全く問題ないですよー、むしろコメントくださってこっちが感謝感謝です^^
[2007/09/12 00:34]| URL | miyako #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。