スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
《不能説的秘密》発布会インタビュー・前半


預告編はこちら

後もう1ヶ月ちょっとで公開!! ・・・日本は・・・orz


6月21日午後、
上海電影節で行われた《不能説的秘密》発布会のインタビュー





かるーく斜め読みしている分にはよかったのですが、
実際に自分で文章に起こしてみると、、、
いやー、まだやっと勉強始めて1年という私には情けないけど
解釈が難しい部分が多すぎて、太刀打ちできませんでした(泣)

しっかも長い~。とりあえず半分で今日のところは挫折・・・(笑)


※誤訳・違訳・誤解釈などなどとにかくとにかく多くて、全く文章に
 なってない部分もいっぱいあるんですけど、どうぞご容赦を・・・
 せっかくなので、勉強だと思ってUPします~



周杰倫:各メディアの皆さん、こんにちは。今日はこの発布会に参加してくださってとても嬉しいです。みなさんがこの映画に注目してくださることを願います。

桂綸鎂:メディアの皆さん、桂綸鎂です。ここで皆さんにあえてとても嬉しいです。

司会者:今日は周杰倫には、監督、そして主役としての2つの身分があります。この映画についていろいろ聞きたいことがありますが、たくさんあるこのような問題について基本的には‘説不能説的不能不能説’(・・・ややこしー!w)なことを、今日は全て話してくれるのですか?

周杰倫:今日はまだ話せないこともありますが、少しの映画の断片部分を見ていただく準備はしています。

司会者:みなさんにこの‘自編自導自演’の《不能説的秘密》を少し紹介してください。

周杰倫:これはある学生のラブストーリー(愛情電影)です。どうしてこれを撮影したか?僕は学生の愛情は実際にとても単純だと感じていて、それには社会に出てからのような複雑なものはありません。僕はずっと学生のころの恋愛をする感覚にあこがれていました。実際僕自身とは関係がなく、このストーリーを作って桂綸鎂をこの女主角として探しました。僕は彼女にとても女主角の気質を持っていると感じました。

司会者:ではキャンバスでのラブストーリーを描写したのですね。けれどもこれは思いついたもので、できればそうありたかったものだということですね。

周杰倫:そうですね。

司会者:あれはあなたたちの学校の制服でしたか?

周杰倫:後からできたもので、衣装です。

桂綸鎂:監督としての周杰倫はとてもよくて、俳優としての周杰倫はとても自然でした。

司会者:演技に対しての要求は各俳優の演技などのようにとても多かったとか。初めての周杰倫との合作はどんな感じでしたか?

桂綸鎂:彼はとてもよい監督だと思いました。2ヶ月ちょっとの間の撮影ではむやみに怒ることもなく、スタッフにも何も大声で叫ぶこともありませんでした。

司会者:あなたは彼をなんと呼んでいたのですか?

桂綸鎂:‘小倫’と呼んでいました。これは映画の中での呼び名です。

司会者:現場ではなんと呼ばれていましたか?

桂綸鎂:知りません。

司会者:俳優としての周杰倫はどうでしたか?

桂綸鎂:彼はとても自然な俳優で、彼との演技で不自然なこともなく、つながらない感じもありませんでした。

司会者:現場で突然演技が変わることはありましたか?

桂綸鎂:時々シーンが増えることはありました

司会者:現場の状況をみていたということですね

桂綸鎂:はい。


・◆・◆・◆・◆・◆・


司会者:今日は《不能説的秘密》の一部分を持ってきてもらっていますが、以前見たことがあるものと、今回初めてメディアの前に出すものとあります。この映画を多少理解できるでしょうか?一緒に大スクリーンで少し見てみましょう

(映画の精彩片断が流される)

司会者:とっても短くて満足できませんね。

周杰倫:これは割と短いです。

司会者:けれどとてもすばらしいです。特に四手連弾の辺りは。

周杰倫:そうですね。彼女はとても上手に弾きます。

桂綸鎂:私は子供のころ6年学んでました。その後はずっと弾いていませんでしたが、選ばれた時にまた1ヶ月練習に行きました。

司会者:現場での感じはどうでしたか?とても近い距離で男子とピアノを弾いて、現場ではとても多くの女の子があなたに迷倒した(うらやましがった?)のでは?

周杰倫:現場では男性が割と多かったですよ。


・◆・◆・◆・◆・◆・


司会者:たった今見たものについて、この中でみなさんまだわからない部分があったと思います。爆破した場面がありましたが、アクション映画みたいなものなのですか?

周杰倫:これは純粋な文芸映画ではありません。なぜなら表現したいものがとても多く、比較的多元的な映画といえます。少し欲張ったので100分間ではいい終わることができない感じで、元々はとても長いものだったのですが、できるだけ100分間におさめました。

司会者:紹介を見た感じと違って、同じでない要素があって、この服装を見ると文芸映画の感じがします。学生時代の愛情を描いていますがまだそのほかに表現しているものがあるということですね。

周杰倫:そうですね。


・◆・◆・◆・◆・◆・


司会者:私たちはまた黄秋生、南拳媽媽もみました。

周杰倫:ええ。特別に南拳媽媽もでました。彼らは別に演技の経験はないけれど、前に僕が書いた《以父之名》,《夜的第七章》を手伝ったものがあり、彼は面白くて、詩を書くより演技があっているといって、彼の演技をみんなが好きになるように手伝って、杜汶澤と対抗できるくらいに感じましたよ。自分で見ても達成感があると思いました。

司会者:桂綸鎂の演技は?

周杰倫:とても自然でした。1日目の演技の時は恋人同士のようで、でも熟してはいなく、前に映画で見たように、密かに熟していないけれど暗黙の了解がとてもよい感じでした。

司会者:みんなぴったりだったと。

周杰倫:えぇ、本当に高中の彼女のような感じでしたよ。

桂綸鎂:彼はとてもカッコいい監督だと思いました。私はたくさんの監督と仕事をしてきたけれども、彼はとても聡明かつはっきりと自分に何が必要かを知っています。もし彼が言うように3年後にまた映画を撮り、またその3年後に撮れば、きっとどんどんよくなると思います。いつかきっととてもすごい大監督になると思います。


・◆・◆・◆・◆・◆・


司会者:合唱団が麗君(テレサテン)の《情人的眼淚》を歌っていますね。周杰倫は歌手であり、音楽人であるので、映画音楽の方面に対しても要求がとても高かったのでは。

周杰倫:《情人的眼淚》は1つの挿曲です。これは僕が最も好きな老歌の1つで、違った感じがあって少し《千里之外》の感じのようです。これは現代とその前の老歌の結合であり、またある種ヨーロッパ式の音響効果を加えています。実際、この音響効果はとてもいいと思います。僕はまた彼がタイ人ということをしって、どうして意思が通じるのかわからないけれど、僕たちは本当に翻訳することもなく、僕はピアノを弾いて彼に伝え彼はそれを編纂しました。僕は音楽は本当に国境がない言語だと感じます。さっき見たばかりの音響効果は彼が作ったもので、とても満足しています。本当に国際的にまたがった合作だと感じていますし、映画だけでなくその中の音楽にも注目してほしいです。本当にいいです。

司会者:周杰倫と合作する前によく彼の歌を聴いていたそうですが、彼と知り合う前、彼をどのような人だと思っていましたか?

桂綸鎂:Coolであまり話さない。でも本当にとても前から彼の歌を聴いたり、彼のアルバムを買っていました。

司会者:彼の歌を聴いて大きくなったのでは?(不是聴他的歌長大的吧?・・・反語苦手w)

桂綸鎂:いいえ。年は彼とあまり変わりません。(年紀不是他很多。・・・比較文苦手;)そして知り合った後は彼はとてもユーモアがあり、みんなを楽しくさせる人だと思いました。

司会者:マジックを変えたこともありますか?

桂綸鎂:あります。

周杰倫:僕は変えるのが好きなのです。

司会者:現場のメディアの人たちは2人の主演に質問してください。

質問:メイキングを見た感じ、この映画の監督は周杰倫ではないような気がしましたが、替え玉がいたのでは?

桂綸鎂:私が答えます。これは完全に彼が一人で音楽も含めて監督したもので、要素等も全て彼のもので、当然に彼も専門のカメラマンの提案に従いますが、構想は彼の一人のものです。

司会者:あなたはたくさんの大監督と合作してきましたが、周杰倫は現場で監督の気質があったと思いましたか?

桂綸鎂:本当にありました。私は特別に誇張して言っているのではなく、そう感じたのです。みなさん替え玉がいたとか、別の人が彼を手伝ったのだと思わないでください。

周杰倫:えぇ、僕は本当に別の人がこのように言うのを心配しています。僕は大監督劉偉強に彼らもスタッフをよこさなくていいといいました、よくないといわれるのが怖かったからです。脱稿クランクアップ(TKさんありがとうございます^^)する時に彼にいくつかを見てもらい、僕が彼から学んだといってもこれも悪くないと感じます。僕も大監督に碟を渡して、彼らにVCRを記録してもらうよう頼みました。


 ・・・・いつか、後半に続く(カモカモ・・・)

スポンサーサイト
[2007/06/24 21:28 ] | 周杰倫-電影 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<MTV-MOTO ROKR音楽会 | ホーム | MTV-MOTO ROKR音楽会では・・・>>
コメント
すごい!
このインタビュー、面白い内容なんですが、むちゃくちゃ長いですよね!miyakoさんの根気と努力に脱帽です。

後半にも面白いコメントがあるので、続きに期待!(プレッシャー?)

ひとつだけ。殺青は脱稿で間違ってませんが、この場合、クランクアップだと思います。
[2007/06/25 12:35]| URL | TK #xH4FHwQ. [ 編集 ]
☆TKさん
そうなんです、なかなか興味深い~って思ってtryしてみたんですが、長いんですよ、無謀でした^^;
途中で何度はじめたことを後悔したことか・・・(苦笑)
後半は・・・せっかくはじめちゃったのでw最後までやってみたいのですが、時間が必要です~何時間もかかっちゃうので^^;
でもこんなショボさでも見てくれる人がいるのならがんばっちゃいます☆

おお、クランクアップ!なるほど~!
自分でもなんかしっくり来ないなぁ?って思っていたのです、私、ボキャ貧なんです^^;;
ありがとうございます!ほんとTKさん、すごい!(@@)
[2007/06/25 23:16]| URL | miyako #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。