スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
NOW YOU SEE ME2
9/1にやっと日本でも公開したNOW YOU SEE ME2、1ヶ月経って公開終了してしまったようですが、みなさま観ました?
私はなんだかんだと何気に初日に見に行っていましたw
相変わらず熱冷めてない感じ⁉︎
撮影期間の短さからワンシーンくらいかな、なんて思っていたら、それよりもっとシーン多くてちょっと嬉しくなったり。
ストーリー自体も1より面白かったかも。
私の好きなマカオが舞台だしね。
これまでの映画、何回も見てきた私も今回観たのは1度だけ。。。
でもまた放送される機会あったら観たいなあ‼︎(*´ω`*)

と、今更ながらのエントリー、、、

模型ホビーフェアで見かけた藤原豆腐店86。思わず撮ってしまうw
スポンサーサイト
[2016/10/03 22:57 ] | 周杰倫-電影 | コメント(0) | トラックバック(0)
《青蜂俠》 トレイラー色々
《青蜂俠》のトレイラーが出て結構経ちましたが、
とうとうYahoo!奇摩にも中文版のトレイラーがお目見えしました☆ 
Yahoo!奇摩の《青蜂俠》ページはこちら

international trailer Version(→)の中文版ですねー。
(一番最初に出た別Ver.はこちら




さすがは台湾。
まるで主人公はカトー。主演は周杰倫だといわんばかりですw

あんなに撮影中は体がでかくなった、って感じたのにこうして見ると華奢に見える…
アメリカンってどれだけ体がデカイの…?


それにしても予想以上に見れば見るほどカッコ良いカトーになっていそうで
段々期待感がUPしてきました。

杰倫や中華迷では無い方が予告を見て「カトーがいい!」って杰倫のことを調べたりしてるみたい。

それだけハリウッド映画っていうのは門戸が広いんだろうし、今まで以上に一般の映画好きの方や
ハリウッド映画好きな人が、「カトー=周杰倫」を目にするんだろうなぁー。
映画をきっかけに自分の音楽を聞いて欲しいっていうのは昔から杰倫が言ってることだけど
本当にそうなっていくといいね、って思う。

これから色々出てくるのが楽しみです^^
[2010/07/14 22:55 ] | 周杰倫-電影 | コメント(0) | トラックバック(0)
《刺陵》予告編
どんどん出てくる映画の話にすっかり過去のもののような気になってた《刺陵》ですが、
年末の公開に向けて予告動画が出てきましたねー。




こういう感じになってるんだー。
tubeのコメントみてたら、上映日がまとめられててフムフムっと思う。

------
中國12月29日上映。
台灣,新加坡,香港12月31日上映。
馬來西亞12月30日上映。
------

わざわざこの映画を見るために海を越えようっとか全然思わないんだけど、
運良く(?)ちょうどそのあたり、友達の結婚式参加でマカオに行く予定がある♪
ちょっと日程増やして見に行ってこようかなって思う。
(香港だと音声は広東語なのかなぁー)


しっかし、年々、杰倫は“映画な1年”って感じが強くなっていくね。。。
音楽メインになる年はいつくるのかなぁ?
歌ってる杰倫をたくさん見れた時が懐かしくて仕方ないよ~

[2009/09/19 22:46 ] | 周杰倫-電影 | コメント(0) | トラックバック(0)
砂漠にて


さて、畊宏在哪?笑
[2009/04/09 21:45 ] | 周杰倫-電影
《刺陵》の撮影スタート&雑談
ご無沙汰してます。(最近、ホントこればっかり。。。汗)


先日から《刺陵》の撮影も始まりましたねー。
そして何故かすぐに撮影の写真が出る・・・。笑。

チーリンとの身長の差のつりあいは・・・やっぱり厚底で頑張ってるのね^^;




それにしても、実際のこの姿を始めて目にした時に
「あ、あれ?イメージ画となんかが違うなぁ・・・」と思ってしまった・・・。

杰倫って・・・もしかして日焼けの黒さがイマイチ似合わないのかしら?^^;;
このなんとなくしっくりしない感じは一体どこから?(汗)




同じバイクに乗ってるのでも、《龍戰騎士》の方が私の萌え度(?)は高かったかもー。

っとかファンにはあるまじき?ことを思いつつ、じーっと見てるうちに
これはこれで見慣れたらまぁまぁいいかな?って気もしてきた。 ・・・アホです。


全部撮影終わってから出てきたものは、化けてくれるかしら?(それに期待)


最近は時間が無くて、ざざっと斜め読み状態だったので、どっかで目にしたおぼろげな記憶だけど
今回のこの映画では、音楽を担当しないってホント?
演技だけで勝負、だとしたらこれって杰倫にとっては初めての挑戦かしら?

続きを読む
[2009/04/01 23:59 ] | 周杰倫-電影 | コメント(0) | トラックバック(0)
新作映画《刺陵》のイメージ
《刺陵》の杰倫の役どころのイメージ出てきましたねぇ。





・・・あれ?なんか想像してたのと全然違うイメージ・・・。

今までの杰倫のそういう系のMVの世界と雰囲気が似てるような??


この調子なら、あの白髪よりは衝撃ではないかもしれない・・・。多分。笑。


しっかし、ヒットするかどうかはこれを見るとやっぱりちょっと微妙な気もする。苦笑。
好みが偏りそうだよー。
[2009/03/04 21:55 ] | 周杰倫-電影 | コメント(6) | トラックバック(0)
《刺陵》記者會
13日はアーロンのコンサに顔を出した杰倫。
開演の30秒前に到着したらしい(笑)
ゲスト出演ではなく、台湾でコンサを見るのが初めて、、、ってホント?



それはさておき、今日、15日は台湾時間13時から、台北君飯店 (台北ハイアット)にて
新しい映画《刺陵》記者會に出席してたようです。


ダンクに続いて、朱延平監督の作品ですねぇ。。



まだ女主角は未定。杰倫自身は、周迅と共演したいな~って感じみたい。




なんだか懐かしい気すらしてくるこの監督との並び^^;





どんな映画になるか、ドキドキワクワク(若干、ドキドキ強し)ですね


明日以降何か興味あるこの会見の記事がUPされてたら更新するかも。



[2008/12/15 23:07 ] | 周杰倫-電影 | コメント(2) | トラックバック(0)
《言えない秘密》 ルンメイちゃん中心の感想
《言えない秘密》の沢山ある台詞の中で、お気に入りの1つ :  「不行!」

・・・なんですけど、どこか(どこの「不行!」か)、わかる方、いますよね?^^;


あの言い回しが可愛くって、思わず萌え萌え・ニマニマしてしまう今日この頃です。爆。

これって、マニアックなんでしょうか???
・・・・・・誰か同じところでハマッってる人いません?^^;;





ところで、台湾公開から、今の日本公開まで、色々とこの映画について書いてきたけど
ふと、ルンメイちゃんメインで語ったことってあまり無かったなぁーって思ったので、
ルンメイちゃん演じる小雨(シャオユー)について、感想かいてみようかなぁ。。

ちなみに、台湾公開時のものは原題の“不能説的・秘密”等で検索すると出てくる・・・かな^^;;
いつか時間を見つけて、各映画でカテゴリー分けやり直さないと。。。



●○●


ルンメイちゃん演じる小雨(シャオユー)

ルンメイちゃんが、いかに、細かくて丁寧な演技をしているのかということは、
この映画を、初めて見たときにはわかりにくいかもしれない。

去年、台北で2回目に見た時、つまり“秘密”が何だったのか、がわかった状態で見た時に、
ストーリーの組み方の凄さにもゾクゾクしたけれど、
同時に、ルンメイちゃんの演技の丁寧さ(というのかな?)に改めて敬服。。。



1回目には、普通にさらっと見ていたシャオユーの表情の1つ1つが、2回目に見た時に
絡まった糸が解けるように、するするっときれいに繋がっていくんです。
気づいていなかっただけで、本当は、きちんと表情がその時々の感情を語っていたんだって。


本当にその時に見せている、細かい表情の1つ1つに意味がある。
その場だけで演じているのじゃなく、小雨という子を理解してないと出来ない表情の数々。

使ってみたい女優さんNO.1といわれることにも大きく頷けます。
本当に素敵な女優さん。。。




以下、ネタバレ含むので続き&白抜きです。
(まぁ、内容なんて見た方は同じようなことを感じているでしょうし、書くまでも無いことですけど)

続きを読む
[2008/09/15 23:23 ] | 周杰倫-電影 | コメント(12) | トラックバック(0)
今更デスガ・・・ルンメイちゃん舞台挨拶
2週間以上経って今更ですが・・・
ルンメイちゃん舞台挨拶のレポを書いておきます^^;
が、もうインタビューの細かいことの記憶が怪しいので
サクッと印象を書くだけに留めます。。。(この記憶力の無さが恨めしい)




24日11:20上映の回の終了後にルンメイちゃんの舞台挨拶が行われることになりました。
前日が初日だったので、私も(初回ではないですが^^;)見に行ってました。
だから、2日連続になってしまうからどうしようかなーって思ったりもして
ちょっと考えたけど、仕事がある訳でも急ぎの予定がある訳でもなかったので
「行けるんだったら行っちゃえ~」と思い、行く事にしました~。
1人参加です(笑)




このシーンはさぁ、、こっぱずかしさを感じるのか、台湾でもみんなちょっと笑いがもれてた^^;
ルンメイちゃんの好きなシーンですね^^
私的にはこの前の指をアゴに置いた(?)あのポーズはナルっぽくて微妙なんだけどww

-------------------------

余談ですが、アジアンパラダイスのルンメイちゃんのインタビューPodcastを聞きましたか?
今までのプロモではあんまり聞いたことなかったようなエピソードがところどころ混じっているような~
(って私が聴いてなかったり、チェックもれしてるだけかもしれないけど^^;;)
聴いてて微笑ましかったです~。
金曜日には次のPodcastに置き換わってしまうので、まだの人はお早めに~

-------------------------

続きを読む
[2008/09/09 22:52 ] | 周杰倫-電影 | コメント(4) | トラックバック(0)
《言えない秘密》モロモロ・・・
週末、ちらっと、ミニ夏休みをとってました~。ココ、放置しっぱなしでスミマセン^^;;
いや~、1日休んだだけなのに、仕事がたまっていて、今日はヒーヒーいいながら働いてました。。汗。

お盆もずっとカレンダーどおりに働いてたから、今年初の夏休みってことで♪
ちなみに、台湾ではありません。国内↓ですw



実家も新幹線で帰れる位置だし、滅多に国内線に乗らない(年に1度乗るか乗らないか)ので
羽田はおのぼりさん状態(爆)
今回も「あれ、海ほたるだよー」と言われて「へーー、すごいすごい!」って思ったんだけど
考えてみれば、前も同じ事を言ったことがあるような。。。(==?


---


さっき、NHK中国語会話にて、杰倫のインタビューを見ました^^
でも~、ウチのTVはアナログだから、「アナログ」って文字がカナスィ・・・orz

インタビュー、前回と違って今回はちょっと長めで聴き応えありましたネ♪
ロマンチストじゃないから、「手を繋げるだろ」なんてやらないってのに、ついつい爆笑。。。

・・・また後でゆっくりと見ようっと。


さてさて、更新サボってた間に、ダンク字幕版、秘密x3回をこなしてしまいました。
睡眠時間減らしすぎ・・・w
でもどれもココに全然感想をかけてないですね・・・orz

気づけばもう、ダンクなんて、上映終了に近くなってるし・・・すごくイマサラ感^^;
(初回を見た映画館は今週で終わりみたい^^;)


---

ちょっとネタバレになるかもしれないけれど、《言えない秘密》の字幕についての感想。
※あくまで、中国語初学者レベルでの感想ですよ^^;;



試写会で見た時から何箇所も細かい修正がなされていたという印象を23日に見たときに感じました。
私がパッと「絶対ココは変わった」とわかった分だけで、3箇所くらいはあったし、
そのほかの部分も含めたら、かなりの量、手を加えられていたんじゃないかなぁっと感じました。

日本語版予告で気になっていた「這是不能説的秘密」の部分は、きちんと試写会の段階から
「言えない秘密よ」って変わっていてホッとしてましたw

後、もう1つホッとした部分は、バンド演奏に誘われる時の“舞踏会”(だったっけ?)って訳。
(原台詞では何だったっけなぁ・・・度忘れして思い出せない・・・←調べればいいのにw)
試写会で見て、「えぇぇ!舞踏会って!」って思わず突っ込みを入れちゃう位の衝撃だったのよねw
これは単なる“パーティ”になってて、安心したw

後は、鬥琴(ピアノバトル)の時に、立ち上がった杰倫に対して
「我是叫你一起來 不是叫你站起來」(一緒に(手を叩け?)、て言ったんだ。立てとは言ってない)って言う所。
・・・何故か「一緒に弾けと言ったんだ」ってなっていたような・・・。汗。
これじゃ、一緒にピアノを弾けって言われてるみたいで変だなぁーって思っちゃうんだけど、本当はこの「一緒に弾け」が正しいのん?^^;;
ここは確か、試写会の時も、コレとは違う訳(忘れちゃった・・・)で何か変だったので、
変わってるのを期待したんだけど、ますます「?????」な感じに・・・。

後、もうひとつ、納得がどうしても行かない部分あるんですが、もう核心部分の中でも核心。
メッチャネタバレ地雷なので、白文字にします・・・。
見てない人はスルー、見た人は反転させて読んでください^^;;

---

小雨(シャオユー)が、初めて湘倫(シャンルン)と会ったシーンを語る部分。
「他是我第一眼看到的人 所以只有他能看到我」(だったかなぁ・・・)
(彼は私が初めて見た人。だから彼だけが私を見ることが出来た。)
って秘密というか、状況というか?をサクッと語っているんだけど、ここの訳が
(詳しくは忘れちゃったけど)「私は彼を見た、彼も私を見た」っていう感じになっていて
原台詞のニュアンスが全然伝わってないんだよね・・・orz

だから、何故そういうことになっているのか、って言う部分がわからないままで
映画が終わってしまった、って人がいるんじゃないかなぁって思うんですよねぇ。。。

ここが良くわからないと、晴衣(チンイー)と何故会話が出来ていたのかとか、
何故、夜のピアノルームから逃げ出す小雨(シャオユー)を湘倫(シャンルン)が
一生懸命探しても部屋を覗きこんでも見つけられなかったのかとかが
なかなか繋がりにくいのかなぁ・・・って思った。。。

あぁ~、もったいない・・・。


---

他にはそんなにスゴイ気になるところは無かったんだけど・・・
このあたりが何度見ても気になっちゃうんですよねぇ。。。。






まとめて書かず小出し状態ですみません。。
さて、寝るか・・・

[2008/09/02 00:25 ] | 周杰倫-電影 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。